2018年5月27日(日)

コバトン18歳、ファン200人が祝福 県庁のコバトンカフェで誕生日会、参加者らと撮影会などで交流

18歳の誕生日を迎え、喜ぶコバトン(左)=26日午前、さいたま市浦和区のコバトンカフェ

 県のマスコット「コバトン」の誕生日会が26日、県庁のコバトンカフェ(さいたま市浦和区)で開かれた。同じくマスコットで、会を企画した「さいたまっち」や訪れた約200人のファンが、31日に18歳になるコバトンを祝福した。

 コバトンは、2004年に県内で行われた「彩の国まごごろ国体」のイメージキャラクター。00年5月31日に、応募デザインの中から選ばれた。05年1月から正式に県のマスコットとなった。誕生日会は、15年から行われていて、今回で4回目。

 誕生日会では、コバトンにバースデーケーキがプレゼントされた。参加者が「ハッピーバースデー」を歌う中、ケーキのろうそくをコバトンが翼で火を消すと、歓声が上がった。その後、クイズ大会、記念撮影会などが行われた。参加者は、祝福しながらコバトンとさいたまっちと交流を深めた。

 クイズ大会で優勝した入間市の隈本朋和さん(39)は「幅広い年代から愛されるキャラクターを生かして、埼玉を盛り上げてほしい」と語った。さいたま市桜区から親子で訪れた原田志保さん(43)と桜子さん(7)は、初参加で誕生日会を楽しみにしていたという。桜子さんは「そばで見てかわいかった。また会いに来ます」と笑顔を見せた。

購読申し込み 携帯サイト