2018年5月8日(火)

さいたまクリテリウムをPR、折り鶴で選手たちの安全祈る さいたま市が「鶴・ド・フランス」実施

昨年のツール・ド・フランスで、クリアケースに入った千羽鶴を受け取るクリス・フルーム選手=右から2人目((C)Yuzuru SUNADA)

 さいたま市で11月に開催される自転車ロードの国際大会「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」をPRしようと、市は7月のツールド・フランス本大会に千羽鶴を届ける「鶴(つる)・ド・フランス」を実施する。5日から市内外の自転車関連イベントなどにブースを出展しており、来場者に折り鶴を作ってもらう。

購読申し込み 携帯サイト