2018年5月5日(土)

勢い加速のユニット「にゃんたぶぅ」が初アルバム 埼玉ソングの決定版 解散危機など乗り越え結成10年へ

初めてのアルバムを発売する、にゃんたぶぅの(左から)もりちぃ、のんたん、たくまん

 勝手に埼玉応援隊を務めるユニット「にゃんたぶぅ」が、アルバム「JAPAN SAITAMA NYANTABOO」(税抜き2800円)を発売した。12曲全てが埼玉県をテーマにしている、埼玉づくしの一枚だ。9月に結成10周年を迎えるのを前にした初アルバムに、メンバーは「埼玉ソングの決定版」と、活動の勢いを加速させている。

 にゃんたぶぅは、リーダーで声優の「のんたん」さん、メインボーカルで作詞作曲や司会などもする「たくまん」さん、俳優としても活動する「もりちぃ」さんの3人組。解散危機を乗り越えながら蓮田市広報大使なども務め、県内のイベント出演は500回以上を数える。

 今回のアルバムは、これまでのシングル10曲に加え、頑張る人へのエールを歌った新曲の「SAITAMA PRIDE」、県内各地のよさこいで使われている「コバトンよさこい」を初のCD化。全曲を作詞作曲した、たくまんさんは「過去の埼玉曲を存分に集めたベストアルバム」と力を込める。

 「SAITAMA PRIDE」は、スタジオ録音する前までの段階を4時間ほどで作った。「おれ、天才だから」と笑うたくまんさん。「コンセプトがしっかりしていれば、早くできる」と言う。

 にゃんたぶぅは子ども向けユニットとして認知されているが、アルバムにはリズムのいい曲から行進曲や音頭などの幅広いジャンルを収録。音楽グループとしての実力の高さを感じさせる。

 6日は午後3時半から、さいたま市浦和区高砂のコバトンカフェで発売記念と「SAITAMA PRIDE」初披露パーティーが行われる。のんたんさんは「やっとまとめることができてうれしい。たくさんの方に聞いてもらえれば」と話していた。

 CDとパーティーの問い合わせは、アルコグランデ(電話048・711・1337)へ。

購読申し込み 携帯サイト