2018年4月15日(日)

<高校サッカー>立教新座が初の準々決勝進出、成徳大深谷も快勝 8強出そろう/関東予選

立教新座―大宮南 前半23分、立教新座の須田(左から2人目)がゴールを決め駆けだす
浦和学院―昌平 後半43分、昌平の森田(右)がゴールに迫る

 (第2日・昌平高校ほか=15日)

 2回戦8試合を行い、8強が出そろった。立教新座は大宮南を1―0で破り初の8強入りを果たした。立教新座は前半23分に須田が決勝ゴールを決めた。昌平は浦和学院を3―0で下した。後半20分、森田が先制点を挙げると、同30分に関根、同43分に再び森田が決めてダメを押した。

 成徳大深谷は栗橋北彩に5―0と快勝。埼玉栄は早大本庄を2―1で退けた。第3日は21日、西武台高校などで準々決勝が行われる。

購読申し込み 携帯サイト