2018年3月11日(日)

地球外生命「必ずいる」 国立天文台の副台長がさいたまで講演、地球外生命の存在や天文学の成果語る

宇宙生命について語る国立天文台の渡部潤一さん=さいたま市大宮区のパレスホテル大宮

 さいたま市大宮区で、ものつくり大学(行田市)と県経営者協会による本年度の同大特別公開講座が開かれ、国立天文台副台長・教授の渡部潤一さんが「宇宙生命は存在するか? 〜天文学からのアプローチ〜」と題して、地球外生命の存在や最新の天文学の成果について語った。

 地球は、宇宙で生命が誕生するのに適した領域「ハビタブルゾーン」(恒星からの距離が適切で、表面に水が存在する適温環境)にあるという。渡部さんは「私たちが住む銀河系だけでも1千億個以上の星があり、”第二の地球”候補は少なくとも40億個存在する。ここは特別な場所ではない。宇宙生命はどこかに必ずいる。文明も必ずある」と強調した。

 生命の兆候を探す最新の取り組みとして、昨年から建設を開始した口径30メートルの超大型望遠鏡(通称・TMT)を紹介。「このような超大型望遠鏡の建設は、これまで人類には経験のないこと。宇宙生命の発見は時間の問題。10年、20年のうちには見つかるだろう」との見通しを示した。

 宇宙へのアプローチを通じて、「人類はやっと“他者”の存在を認識し、宇宙の中心ではないことを理解し始めた」とし、「知的文明としては、ひよっこ。大人の知的文明になるため、未熟な技術と思想で失敗を繰り返している途中といえる。地球外生命が見えてくるとき、人類が最も学ぶべきことなのかもしれない」と指摘した。

 最後に「宇宙は人間が見られる最も広大な時空間。どこかにいる宇宙生命に思いを馳せながら、ぜひ美しい星空を眺めていただきたい」と呼び掛けた。

 公開講座には、ものつくり大の長谷川真一理事長や赤松明学長、県経営者協会の上條正仁会長をはじめ、企業経営者や天文学ファンら約130人が参加。宇宙の神秘に心躍らせた。

購読申し込み 携帯サイト