2018年3月3日(土)

浦和、ホーム開幕へ非公開で調整 4日広島戦、サポーターや選手全員の「力合わせて」初勝利へ

非公開練習後にストレッチを行う浦和の(左から)遠藤、長沢、ズラタン、マルティノス=3日午後、さいたま市内

 今季初勝利を狙う浦和は4日、ホーム開幕戦で広島と対戦する(16時・埼スタ)。チームは試合前日の3日、さいたま市内で非公開練習を行い、約1時間10分の練習で最終調整。全体練習の後はピッチの横幅を使ったパスコントロールに励む選手が多かった。

 堀監督は練習後の会見で「ホーム開幕戦ということで多くの方が期待してくれている。しっかり戦って勝ち点を取りたいと思っている。ファン・サポーター、クラブ、選手、全員の力を合わせていいゲームをしたい」と力を込めた。

 昨季は広島に対して2戦2勝。直近5シーズンを見ても7勝1分け2敗と好相性だ。広島は城福新監督の下で新たなスタイルに取り組み、4―4―2布陣で守備を固めながら速攻を繰り出してくることが予想される。

 堀監督は「この前の試合を見る限り守備をしっかりしてくる。自分たちの攻撃でこじ開けてゴールを奪いたい。前線には外国人のタレントもいるので、隙をつくらず、無駄な失点をしないようにする」と勝ち点3へのポイントを挙げた。

購読申し込み 携帯サイト