2018年2月28日(水)

ラッシュ時の大宮駅始発の増発など実施 ニューシャトル、4月1日ダイヤ改正 沿線で人口増、利便性高める

 埼玉新都市交通(伊奈町)は27日、ニューシャトルのダイヤ改正を4月1日に行うと発表した。平日朝の時間帯に内宿駅始発を増発するほか、夜の帰宅ラッシュ時に大宮駅始発の増発などを実施する。近年、利用者が増加する内宿駅を含む4駅の利用客や帰宅時間帯の利便性を高める。

 平日は、上りで午前6時台に内宿駅始発大宮駅行きを1本増発するほか、7時台の丸山駅発大宮駅行き1本を内宿駅始発に延長変更する。丸山駅以北の志久、伊奈中央、羽貫、内宿の4駅を利用する通勤、通学客の利便性を高める。

 また下りでは、午後6時〜8時台の大宮駅始発を5本増発。帰宅ラッシュ時の発車時間が10分間隔だったのを5〜10分に縮め、混雑緩和につなげる。

 土日祝日では、午前5時〜7時台に内宿駅―大宮駅で2往復増発。また午後8時台の大宮駅始発丸山駅行き1本を内宿駅行きに延長する。

 ニューシャトル沿線は、宅地開発が進み、人口の増加傾向にあり、利用者数も伸びている。アクセス向上を求める利用者の要望に対応する。

購読申し込み 携帯サイト