2018年2月16日(金)

手術名変えて診療報酬請求、草加市立病院が発表 保険適用の基準満たさない腹腔鏡手術を開腹手術として請求

 草加市立病院は16日、産婦人科の子宮がんの腹腔(ふくくう)鏡手術69件について、保険適用に必要な国の基準を満たしていなかったため、開腹手術として診療報酬請求していたと発表した。病院は「開腹手術として請求して問題ないと判断していた。医療行為自体に問題はない」としている。

購読申し込み 携帯サイト