2018年2月15日(木)

パレスホテル大宮のフランス料理店、昭和初期のパリ行き船上フレンチ再現 北沢楽天の映画完成を記念し企画

北沢楽天(左)と夫人いの(さいたま市立漫画会館提供)

 「日本の近代漫画の祖」として明治から昭和にかけて活躍した日本初の職業漫画家、北沢楽天の人生を描いた映画「漫画誕生」の完成を記念して、さいたま市大宮区のパレスホテル大宮は3月16日午後7時から、同ホテル1階フランス料理「クラウンレストラン」で「昭和初期のパリ行き船上のフレンチを楽しむ夕べ」を開催する。

 楽天が1929年にフランスへの旅路の際、船上で提供されたフランス料理を再現する。当日は北沢楽天顕彰会理事で、さいたま観光大使の漫画家あらい太朗氏と同大使の村田綾氏をナビゲーターに、結城安浩氏の歌と音楽を交えながら、当時のヨーロッパの様子や旅路を紹介する。

 楽天は旧大宮市の名誉市民第1号。晩年の邸宅跡地(さいたま市北区盆栽町)には、66年に市立漫画会館が開館している。また、楽天生誕150周年、漫画会館開館50周年を記念して制作された映画「漫画誕生」は今秋公開予定。

 料金は、1人1万2千円(サービス料、税込み)。定員30人(全席指定、禁煙)。

 申し込み・問い合わせは、パレスホテル大宮(電話048・647・3300)へ。

購読申し込み 携帯サイト