2018年2月10日(土)

<平昌五輪>ショートトラック男子・渡辺、準決勝進出ならず 出身の川越市長「戦う姿が市民に感動」

 日本勢3人が出場したショートトラック男子1500メートルに渡辺啓太(川越市出身、聖望学園高出、阪南大職員)が登場。五輪初出場の渡辺は予選の5組に入り、序盤からレースを引っ張ったが、終盤でかわされ、惜しくも準決勝進出はならなかった。

購読申し込み 携帯サイト