2018年2月9日(金)

<熊谷6人殺害>覚えていない…被告人質問で5回繰り返す 質疑かみ合わず「誰も信じてくれない」

 熊谷市で2015年9月、小学生姉妹を含む6人が殺害された事件で、強盗殺人罪などの罪に問われたペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(32)の裁判員裁判の第9回公判が9日、さいたま地裁(佐々木直人裁判長)で開かれ、被告人質問が行われた。ナカダ被告は弁護人から日本で人を殺したことがあるかを問われ、「覚えていない」と5回繰り返した。

 検察官による同様の質問に対しては「人たちを殺した」と述べた後、「それは私ではない」と話した。証言台の前のいすに座り、上体をかがめて、終始つぶやくような、うめくような声で質問に応答。間を置きながら、何も答えないことも多く、深いため息をつく場面が何度もあった。

 検察官に「あなたが話していたやくざとは、どんな特徴や服装の人か」と問われた際には「私が6人を殺した」と返答。一方、その後に被害者参加弁護人が「あなたは先ほど6人殺したと言ったか」と確認すると、「私がそんなことを言ったのか」と述べるなど、質疑は終始かみ合わなかった。

 裁判長が改めて黙秘権について説明した後には、「だって私がここで話しても誰が信用してくれるのか。誰も信じてくれない」と返した。

 事件で妻と娘2人を失った男性(45)はこの日の公判で、被害者参加制度を利用してナカダ被告に直接質問した。

 起訴状などによると、ナカダ被告は15年9月14〜16日、熊谷市見晴町と石原の住宅3軒に侵入し、田崎稔さん(55)と妻美佐枝さん(53)、白石和代さん(84)、加藤美和子さん(41)と長女の小学5年美咲さん(10)、次女の小学2年春花さん(7)=年齢はいずれも当時=の6人を包丁で刺すなどして殺害し、白石さんと加藤さん母娘の遺体を遺棄したなどとされる。

購読申し込み 携帯サイト