2018年2月8日(木)

住宅で火災…高1男子が危機知らせ初期消火、大宮東署が感謝状 署長、警察官への勧誘も「行動がすごい」

火災で人命救助に貢献し、高橋昭弘署長(右)から感謝状を贈呈された水野駿佑さん=8日午後、さいたま市見沼区風渡野の大宮東署

 火災を住人に知らせて初期消火に当たり、人命救助に大きく貢献したとして、大宮東署は8日、県立大宮工業高校1年の水野駿佑さん(16)=さいたま市見沼区=に感謝状を贈呈した。水野さんは高齢夫妻に危険を伝え、家の中に入って消火活動を実施。外壁の一部を焼くなどしたが、被害を最小限に食い止めた。以前、さいたま市少年消防団に入団していた経験があり、「教わった知識が生かせた。とっさに行動できてよかった」と、はにかんだ表情で振り返った。

購読申し込み 携帯サイト