2018年1月14日(日)

拉致考える川口の集い、被害者の会・飯塚さんら講演 歴代政府の「不作為」を批判

「今年こそ、帰ってほしい」と訴える拉致被害者田口八重子さんの長男飯塚耕一郎さん(壇上左)と兄の繁雄さん(同右)。後方に掲示された顔写真の右から2人目が田口さん=13日午後、川口市の市民ホール・フレンディア

 北朝鮮による拉致被害者の救済を訴える「拉致問題を考える川口の集い」(埼玉県川口市主催、拉致問題を考える川口の会共催)が13日午後、JR川口駅前の市民ホール・フレンディアで開催され、1978年に東京・池袋から拉致された同市出身の田口八重子さん=当時(22)=の兄、飯塚繁雄さん(79)=上尾市在住、北朝鮮による拉致被害者家族連絡会代表=と、田口さんの長男、飯塚耕一郎さん(40)が講演し、「一刻も早い解決を」と訴えた。会場には、約350人の市民が詰め掛けた。

購読申し込み 携帯サイト