2018年1月12日(金)

名物に!日本一のおみくじ登場、大きな開運呼び込む 北本で七福神めぐり スタンプ集めプレゼントも

「新春北本七福神めぐり」に合わせて13日に登場する日本一大きな「おみくじ」=北本市高尾の高尾氷川神社

 北本市観光協会の「新春北本七福神めぐり」が13日、同市高尾の高尾氷川神社や荒井の須賀神社など七福神各所で開かれる。須賀神社では杉材でできた筒の長さ2メートル15センチの八角形の日本一大きな「おみくじ」も登場して、大きな開運を呼び込む。

 日本一大きなおみくじは、2015年12月に北本市景観作物振興会と市総合建設業協会が作った筒の長さ2メートルのおみくじを2年ぶりに大きくした。筒の中には約1メートル90センチのくじが50本入っている。各分野の日本一を掲載するサイト「日本一ネット」から日本一大きなおみくじと認定されている。

 市景観作物振興会の田島庸晴(つねはる)会長(78)は「日本一大きなおみくじはいまや北本の名物になっている。13日に須賀神社でおみくじを引いてもらった方には、もれなく景品を付けます」と話している。

 北本市の七福神は、高尾氷川神社(高尾)に恵比寿と大黒天、厳島社(同)に弁財天、阿弥陀堂(同)に布袋尊、須賀神社(同)に寿老人、猿田彦大神(石戸宿)に福禄寿、多門寺(本宿)に毘沙門天がある。全行程は約12・8キロ。13日は七福神各所でおもてなしがある。各所のスタンプ七つを集めると先着800人に七福神特製手拭いがもらえる。

 13日の七福神めぐりは、午前9時から午後3時まで。日本一大きなおみくじは、1回200円。問い合わせは、同市観光協会(電話048・591・1473)へ。

購読申し込み 携帯サイト