2017年11月27日(月)

女優・村田綾さん、県&さいたまと“結婚” ウエディングドレスで登場、披露宴ではご当地タレントの余興も

県のマスコット「コバトン」らとウエディングケーキの入刀を披露するさいたま市在住の女優、村田綾さん=23日、さいたま市大宮区の清水園

 県の「ちいきデビューひっぱりガールズ」のリーダーやさいたま市の「さいたま観光大使」に就任し、県内で活躍中のさいたま市在住の女優、村田綾さん(30)が23日、さいたま市内で「埼玉・さいたまと結婚しました披露宴」を開いた。

 村田さんは、新婦として本物の花嫁さながらの純白のウエディングドレスで登場。県のマスコット「コバトン」やさいたま市の「つなが竜ヌゥ」ら新郎とウエディングケーキに入刀し、県&さいたま市と“結婚”を宣言し、参加者150人から「おめでとう」との祝福を受けた。

 村田さんは、11月9日に30歳の誕生日を迎え、来年4月には芸能生活15年目に突入する。

 「念願だった地元での大役に感謝している。県内でシニアを引っ張っる活動とさいたま市の魅力を伝えるPRに全力で取り組んでいきたい」とあいさつ。続いて、さいたま市の清水勇人市長の祝辞や漫画家のあらい太朗さんによる祝杯が行われた。

 その後は、ご当地タレントによる歌や漫才など華やかな余興で披露宴を盛り上げた。

 会場では、村田さんの誕生から現在までをまとめた生い立ちVTRを上映。両親からの手紙も披露され、「14年間支えてくださった皆さまに恩返しできるよう頑張ります。夢をかなえるまで見守ってほしい」と、涙をぬぐいながら感謝の気持ちと意気込みを示した。

購読申し込み 携帯サイト