2017年11月11日(土)

浦和、白熱の紅白戦で随所に好連係 18日敵地でACL決勝・アルヒラル戦 青木の肉離れ、幸いにも軽く

紅白戦で突破を図る梅崎(右)=10日午後、大原サッカー場

 18日に敵地サウジアラビアでアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝、アルヒラルとの第1戦に挑む浦和は10日、大原サッカー場(埼玉県さいたま市)で約1時間の全体練習を行った。

 ボール回し、五角形のパス交換、ロングキックに続いて黄色ビブス組とビブスなし組に分かれ、10対10(GK含む)の紅白戦を実施した。

 フィールドプレーヤーが通常より1人少なく、両チームとも「4―4―1」の布陣で黄色ビブス組はGK榎本、DFラインは右から森脇、那須、阿部、宇賀神、中盤は右からズラタン、柏木、武藤、高木、ワントップにラファエルシルバ。ビブスなし組はGK岩舘(2本目は福島)、4バックは右から平川、マウリシオ、田村、菊池、中盤は右からオナイウ、駒井、矢島、梅崎、ワントップに李が入った。

 球際で白熱の攻防が展開され、攻撃面では矢島のスルーパスに李が左足で決めたり、梅崎の左クロスからオナイウが落として、駒井が押し込んだりと、随所でいい形で見られた。堀監督からは敵陣でのスローイングの際に、逆ワイドの選手に対し「中に絞って、相手のボランチやDFにプレスをかけていくように」などの指示が飛んでいた。

 5日の鹿島で途中交代した青木は左もも裏の肉離れで別メニュー。幸いにも症状は軽く、アウェーでの第1戦に向けて調整を進めていくという。

購読申し込み 携帯サイト