2017年11月9日(木)

「タサいたま」知っている? グルメ、サッカー、お笑い、メードカフェ…さいたま市の魅力発信「訪れて」

さいたま市の多彩な魅力を紹介する「タサいたま」のウェブサイト

 さいたま市の隠れた魅力を若者に知ってもらおうと、さいたま観光国際協会(同市大宮区)は、ウェブサイト、動画、フリーペーパーを使った観光情報を発信している。

 「ダサいたま」ならぬ「タサい(多彩)たま」と称し、まちを代表する名所や名物から、メードカフェ、芸人まで、大都市が見せる多彩な表情を切り取っている。

 ウェブサイト( http://www.stib.jp/tasaitama/ )は、盆栽やグルメ、サッカーなど、「さいたま」の語呂合わせで31の特色を紹介している。

 例えば、「おかえりなさいたま」では、大宮区のメードカフェ店員3人のインタビューを掲載。「漫ざいたま」では、同区の大宮ラクーンよしもと劇場を中心に活動する芸人ユニット「大宮セブン」を取り上げるなど、若者の趣向を意識した。

 「普通の観光とは違った切り口で、新しい情報を発信したかった」と同協会。市外からまちの魅力を再発見してもらおうと、デジタルコンテンツを手掛ける「面白法人カヤック」(神奈川県鎌倉市)が企画・制作を担当した。

 サイト内からも閲覧できる1分半の動画は、2種類を用意。アイドルの「牛乳寒天なつみん」さんが、ポップな音楽に乗って氷川神社(大宮区)や大宮盆栽美術館(北区)など、市内の観光名所を巡る内容となっている。

 フリーペーパーはタブロイド判フルカラー8ページで、3万部を10月に発行した。市内の観光案内所や宿泊施設で配布しているほか、同協会のホームページからもダウンロードできる。来年3月にも発行を予定している。

 同協会は「興味を持った若者に会員制交流サイト(SNS)などで拡散してもらい、さいたまの魅力を多くの人が知り、訪れてもらえれば」と期待を寄せている。

 問い合わせは、同協会(電話048・647・8338)へ。

購読申し込み 携帯サイト