2017年10月13日(金)

日本人初の9秒台・桐生選手、埼玉に住む「今も埼玉で練習、これからも」 上田知事が「彩の国功労賞」贈呈

上田清司知事(左端)から彩の国功労賞を贈られた桐生祥秀選手(中央)。右端は土屋恵一県議会副議長=12日、知事室

 陸上男子100メートルで日本人初の9秒台をマークした桐生祥秀選手(21)=東洋大学4年=が12日、埼玉県庁を訪れ、上田清司知事から「彩の国功労賞」と「県体育賞会長特別賞」が贈呈された。記念品として県の伝統工芸品「越谷甲冑(かっちゅう)のかぶと」が贈られた。

購読申し込み 携帯サイト