2017年10月9日(月)

フクロウが乗客お出迎え、一緒にSL旅行 秩父鉄道が東武動物公園とコラボ、車内やホームで写真撮影も

SLの前で記念撮影を行ったフクロウ2羽とハリスホーク=秩父市宮側町の秩父鉄道秩父駅ホーム

 秩父鉄道(本社・熊谷市)は7日、東武動物公園(宮代町)とコラボレーションし、同動物園のフクロウ2羽やハリスホークとSLパレオエクスプレスの旅が楽しめる「SL幸福のフクロウ号」を運行した。

 同号は今回で3回目。フクロウは「福籠」(開運)、「不苦労」(苦労知らず)、「富来労」(福が来る)などの漢字が当てられ、縁起が良いとされている。

 同動物園で飼育し、バードショーに向けてトレーニングに励んでいるシロフクロウ「ハリー」、ベンガルワシミミズク「フィール」、ハリスホーク「カノン」が長瀞駅で乗客を出迎え。特別ヘッドマークを掲出したSLにも秩父駅まで乗車し、乗客は車内やホームで写真撮影を楽しんだ。

 乗客には特別乗車記念証がプレゼントされ、希望者は秩父駅下車後、フクロウやハリスホークと一緒に「北辰のフクロウ」の彫刻がある秩父神社で昇殿正式参拝も行った。

購読申し込み 携帯サイト