2017年9月3日(日)

浦和、3日ルヴァン杯C大阪戦 堀監督、2年連続の4強入りへ自信「90分で勝ち切る」

非公開練習を終え、ストレッチする菊池(右から2人目)ら浦和の選手たち=2日、さいたま市内

 JリーグのYBCルヴァン・カップ準々決勝第2戦は3日、埼玉スタジアムなどで開催され、前回王者の浦和はC大阪と激突する(18時30分)。チームは2日、さいたま市内で非公開練習を実施し、戦いに備えた。

 敵地で行われた8月30日の第1戦は0―0。浦和は勝利すれば無条件で準決勝進出が決定する。再び0―0で90分を終了した場合は、前後半15分ずつの延長戦を実施し、勝敗が決しなければPK戦に突入。90分間での負けはもちろん、スコアレス以外のドローだった場合も、アウェーゴールの差で敗退となる。

 練習後に会見した堀監督は「非常にいい雰囲気でトレーニングできて、自信を持って戦いに挑める。選手たちのモチベーションも高いし、高い集中力を持って、90分で勝ち切り次のステージに進みたい」と2年連続の4強入りへ必勝を誓った。

購読申し込み 携帯サイト

Sponsored