2017年8月31日(木)

10月16日「ボスの日」ご存知? NPOがキャンペーン展開へ 百貨店業界すでに実施

10月16日の「ボスの日」キャンペーンを発表するFJの安藤哲也代表理事(左から2人目)ら=30日、東京都内

 「イクボス」を推進するNPO法人ファザーリングジャパン(FJ)は30日、上司と部下が円滑な関係を築けるよう、部下が上司を労わり感謝する「ボスの日」の10月16日に合わせてキャンペーンを展開する、と発表した。

 ボスの日は、米国のパトリシア・ベイ・ハロキスさんが1958年に提唱し、経営者と部下の関係を円滑にするための日と定めた。米国では上司への感謝の気持ちをカードに書いて伝えたり、昼食に招待したりプレゼントを贈ったりしている。日本では88年から百貨店業界が実施している。

 FJの安藤哲也代表理事は「多様化した部下のマネジメントに悩む声が管理職から聞こえている」と紹介。「上司と部下が良好な関係を築き、会社の業績を上げ、全員がハッピーになるためにボスの日を推進したい」と話した。

 FJは、10月16日に都内で「ボスの日フォーラム」を行い、管理職本音調査の報告やパネルディスカッションなどを実施。フェイスブックでは、ボスからもらった忘れられない一言の紹介や、賛同企業の取り組みを発信することで、職場のさらなる風土改善を促進したいとしている。

 「ボスの日」キャンペーンについて詳細は、ファザーリングジャパンのホームページへ。

購読申し込み 携帯サイト

Sponsored