2017年8月22日(火)

<O157感染>重体女児の意識戻る 新たに患者増え、別店舗でポテサラ購入も…感染源は群馬の食品工場か

 熊谷市のスーパーに入る総菜店「でりしゃす籠原店」で買ったポテトサラダを食べた6人が腸管出血性大腸菌O157に感染した問題で、県は22日、県内で新たに患者が5人増え、うち3人からO157が検出されたと発表した。前橋市の系列店でポテトサラダを購入した人が感染していることも判明し、感染者は県外も含め計10人となった。

 厚生労働省は同日、同じ製造業者の製品との関連が疑われる症状の相談が住民からあった場合は、医療機関での受診を促すよう都道府県などに注意喚起する通知を出した。

 新たにO157が検出された県内3人のうち1人は系列店の「でりしゃす熊谷店」(熊谷市別府)でポテトサラダを8日に購入したことも判明。県内外の系列店で被害が出ていることから、県はポテトサラダの仕入先である群馬県高崎市の食品加工工場が感染源の可能性があるとみて調べている。

 食品安全課によると、腹痛などの症状を訴える患者は4〜69歳の計13人(男8人、女5人)になり、うち9人の便からO157が検出された。

 新たにO157が検出された3人のうち1人は熊谷店で、残りの2人は籠原店でポテトサラダを購入。3人とも急性腎不全などを引き起こす溶血性尿毒症症候群(HUS)は発症しておらず、入院もしていないという。

 また、O157の感染によりHUSを発症し、意識不明だった女児(5)が呼び掛けに反応するようになったという。

購読申し込み 携帯サイト