2017年8月11日(金)

駐車違反のステッカー剥がし監視員に貼る…公務執行妨害の疑いで男逮捕 別の監視員に暴行も/朝霞署

 朝霞署は9日、公務執行妨害の疑いで、朝霞市東弁財2丁目、会社員の男(45)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は9日午後5時半ごろ、志木市本町5丁目の市道で、駐車違反の取り締まり中の男性駐車監視員2人に対して、「なんでバイクにステッカーを貼ってんだよ」などと怒鳴りながら、駐車していたバイクから剥がした駐車違反のステッカーを監視員(61)の胸に貼り付け、もう一人の監視員(49)の腕を引っ張るなどの暴行を加え、公務を妨害した疑い。

 同署によると、現場は東武東上線志木駅東口から約300メートル離れた市道で、幅員約6・7メートルの一方通行の駐車禁止道路。巡回中の監視員が同所の道路脇に止めていた男のバイクに駐車禁止のステッカーを貼り、現場に戻ってきた男とトラブルになった。男は牛乳を配達する会社に勤務しており、「バイクで牛乳を配達していた」などと話しているという。

購読申し込み 携帯サイト