2017年7月27日(木)

モデル松元絵里花さん、さいたまクリテリウム広報部長に 若者浸透へ

さいクリ広報部長就任で作成した名刺の大型版を手にほほ笑むモデルの松元絵里花さん(右)と清水勇人市長=26日午後、さいたま市役所

 11月4日にさいたま市のさいたま新都心周辺で開催される国際自転車大会「2017ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」を若者目線でPRしていく「さいクリ広報部」の部長にモデルの松元絵里花さん(21)が就任し、26日に同市役所で就任式が行われた。

 松元さんは「とても光栄。私の目線で感じたことを伝え、自転車やさいたま市が好きになってもらえるように頑張ります」と力強く意気込みを述べた。

 5回目を迎える同大会は毎年約10万人を集めるが、さらなる集客に向け特に10〜20代への浸透を狙う。同部は、県内12大学の大学生部員が大会関連イベントに参加した感想などをツイッターなどの会員制交流サイト(SNS)を活用し、自由に情報発信していく。

 委嘱状を手渡した清水勇人市長は「ファッションの視点で自転車の魅力を伝えてくれるはず」と期待。さいたまスーパーアリーナで開催された「東京ガールズコレクション」で市に愛着があるという松元さんは「自転車もさいたま市も『初心者』の目線で魅力を伝えたい。商店街にも行ってみたい」とほほ笑んだ。

購読申し込み 携帯サイト

Sponsored