2017年7月23日(日)

埼玉にある「幻の鉄路」西武安比奈線、記者が歩く そこで見た光景は

草が覆い茂り、「雑木林」という表現がぴったりだ
NHKの連続テレビ小説「つばさ」のロケ地付近に架かる「池部用水橋梁」
西武安比奈線の路線図

 西武新宿線南大塚駅(川越市)から延びる貨物線「西武安比奈線」(約3・2キロ)が5月末、廃止になった。1963年の運行休止から半世紀以上。跡地は市と協議し、形を変えることになる。「幻の鉄路」が去り行くのを前に、レールを歩き、過去や未来に思いをはせた。

■時が止まった

 さびついたレールに、雑草が覆いかぶさる。「雑木林」という表現がぴったりなほど、うっそうとした道を進む。枕木は朽ち果て、見当たらない所も。人の進入を拒んで整備が進まず、ここだけ流れる時が止まってしまったかのようだ。

 南大塚駅から住宅地を抜け、安比奈車両基地用地へと向かう安比奈線。歩いていると、所々でレールが途切れ、公道にぶつかる。その先にもレールが延びているが、公道では車が走っていたり、子どもが横切ったり。見慣れない光景が広がる。

 同駅から約2キロ地点。県道を横断すると、橋梁(きょうりょう)が見えた。この辺りは、NHKの連続テレビ小説「つばさ」(2009年)のロケ地になった場所だ。老朽化で危険なため、橋梁内に立ち入ることはできないが、敷地の外から見ることはできる。「池部用水橋梁」と名付けられているという。

 「木の生命力は強い」。そう感じる場所もあった。木の根が伸びてレールに覆いかぶさっていたり、レールの下にもぐり込んでレールを持ち上げるような状態になっていたり。人が気が付かない所で、自然は成長している。

■謎のカーブ

 レールの幅は1067ミリ。運行している西武線と変わらない。それまでずっと平行だったレールの片側が突然広がり、すぐにカーブを描くように狭くなった場所があった。「普通なら脱線してしまう。どうしてこうなってしまったのか」。同行した西武鉄道の担当者も首をひねる。経年劣化か、他の要因か。謎が残る点も、興味深い。

 安比奈車両基地用地が近づいた所で巨木が立ちはだかり、先へは進めず。そこが「終点」になった。

 跡地活用について、西武鉄道は川越市などと協議して決める方針という。市も前向きだが、レールを残すかどうかも含め、具体的な議論はこれからだ。

 廃線跡地の活用について、鉄道の歴史などに詳しい跡見学園女子大学の老川慶喜教授によると、「サイクリングロードが一般的だが、最近は鉄道博物館や公園などに活用するのがトレンド」という。宮城県栗原市では07年に廃線となった「くりはら田園鉄道」の歴史を後世に伝えるため、「くりはら田園鉄道公園」を整備。車両などの貴重な資料を展示している。「そんな活用の仕方もいいのでは」。老川教授は提案する。

 多くの人の目に触れることなく、ひっそりとその役割を終えた安比奈線。だがこれからの活用法によっては、脚光を浴び、にぎやかな声が響き渡る時が来るかもしれない。止まっていた時が再び動きだす日が、楽しみだ。

※西武安比奈線は西武鉄道の敷地で、普段は立ち入ることができない。今回は同社の許可を得て取材した。

◇西武安比奈線

 入間川周辺から採取した砂利の輸送を目的に、貨物専用線として1925年に開業。その後、砂利採取の規制が強化されたこともあり、63年に休止した。その後、同線を営業線化し、約300両を止められる車両基地(約20ヘクタール)を建設する計画や新駅構想もあったが、実現されなかった。今年5月31日で廃止された。

購読申し込み 携帯サイト

Sponsored