2017年7月14日(金)

<上尾男性放置死>忙しく運転手1人で降車確認 食事残るも確認せず

報道陣の取材に応じる障害者支援施設「コスモス・アース」の大塚健司管理者=13日午後11時半ごろ、埼玉県上尾市戸崎

 上尾市戸崎の障害者支援施設「コスモス・アース」で知的障害のある男性利用者(19)が車内に放置され死亡した事故で、送迎車の降車時に職員複数で行う利用者の確認を事故当日は70代の男性運転手が1人で行っていたことが14日、県の立ち入り調査で明らかになった。昼食時にも男性の不在が見過ごされており、施設の管理者は「職員の連携が機能しなかった」と説明。司法解剖の結果、男性の死因は熱中症とみられ、県警は業務上過失致死容疑も視野に捜査している。

購読申し込み 携帯サイト