2017年6月11日(日)

密告社会を懸念 共謀罪の本質議論、さいたまで埼玉弁護士会が集会

パネルディスカッションに参加したいずれも弁護士の(右から)木谷明さん、山本妙さん、加藤健次さん=9日夜、さいたま市浦和区の浦和コミュニティセンター

 「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案に反対する市民集会「共謀罪にレッドカード」(埼玉弁護士会主催)が9日夜、さいたま市浦和区で開かれた。いずれも弁護士で、衆院法務委員会参考人の加藤健次さん、元裁判官の木谷明さんによる講演のほか、岐阜県大垣警察署の市民監視違憲訴訟の山本妙さんが事例報告。法律の専門家の立場から、憲法に反する共謀罪の本質、捜査機関の乱用の懸念、物言う市民が権力に監視される社会の恐ろしさを訴えた。

購読申し込み 携帯サイト

Sponsored