2017年4月18日(火)

Sアリーナをバスケの聖地に 「全日本選手権」開催、真の日本一を

大会の成功を誓う(左から)小林哲也県議会議長、上田清司県知事、三屋裕子日本バスケットボール協会会長、清水勇人さいたま市長、桶本大輔さいたま市議会議長=17日、さいたまスーパーアリーナ

 日本バスケットボール協会は17日、さいたまスーパーアリーナで県、さいたま市と共同記者会見を行い、日本一を争う全日本総合選手権の大会名を「全日本選手権」に改称し、男女の準々決勝〜決勝を同アリーナで行うと発表した。協会は「真の日本一決定戦」にふさわしくなるよう大会方式も大幅に変更。各都道府県代表など出場枠を拡大する。

購読申し込み 携帯サイト

Sponsored