2017年3月16日(木)

若い女性も興味、せん定できる盆栽プラモなど…盆栽の関連商品が続々

若い女性にも評判の盆栽プラモデル
組み立てた後は自分好みにせん定もできる
あらい太朗さんデザインのぼんサイくん
ぼんサイくんのぬいぐるみ
チクチクする味で人気の大宮盆栽だー!!

 国内開催は28年ぶりとなる世界盆栽大会が4月27日から4日間、さいたま市で開かれる。大宮盆栽村(現さいたま市北区盆栽町)の誕生から90余年。往時は30軒を超えた盆栽園も今は同町内に5軒となったが、自然美を凝縮して表現する盆栽という伝統技術の活気はしっかりと受け継がれている。歴史を誇る盆栽をモチーフした商品もお菓子や飲み物、グッズまでさまざま。思わず手に取りたくなる品物の数々を紹介します。

■盆栽プラモデル/自分で作り、せん定も

 何でもアリだった昔のように、自己満足でいいから楽しいプラモデルを作ろう! という社長の発案でできた。樹木や盆器は精密に再現され、独自の技術で植え込んだ針葉もリアル。組み立てた後は、挟みでせん定し自分好みの一鉢に仕上げることができる。

 製造・販売のプラッツ(静岡市)によると、第1弾のモデルを発売した2016年10月当初はターゲットとして60代前後の男性を想定していたが、今では「自分で作ってみたい」という若い女性も少なくないという。

 〇「1/12 ザ・盆栽 プラスチックモデルキット」は、壱、弐(ともに松)、新発売の参(真柏)の3種類。いずれも1620円(税込み)

 〇問い合わせ/プラッツ(電話054・345・2047)

■ぼんサイくん/ほのぼの、鼻には盆栽

 盆栽村地区のイメージキャラクターとして活躍するぼんサイくん。ほのぼのしたルックスの生みの親は、さいたま市在住の漫画家あらい太朗さん。「樹齢千年の謎の木を青い植木鉢に植え替え、水をやって手入れして、日光に当てておいたら、盆栽が育たずにぼんサイくんが育ってしまった」というキャラ設定だ。

一見するとサイのようにも見えるが、鼻先に生えているのはツノではなく盆栽。地域やJR、警察のイベントなど活躍の幅を広げており、2016年度は県警から交通安全大使を任命されている。

 〇グッズは、ぬいぐるみ(税込み3500円)、マグネットクリップ(同600円)、A4クリアフォルダー(同200円)など多数

 〇問い合わせ/ぼんサイくんを育てる会(電話048・653・7509)

■大宮盆栽だー!!/チクチクする味人気

 2010年3月、さいたま市北区盆栽町にオープンした大宮盆栽美術館を盛り上げようと、周辺5商店会の会長さんたちがいろんなイベントを企画。その余勢を駆って同館のオープン1周年記念で商品化されたご当地サイダー。強めの炭酸はチクチクする盆栽の松の葉をイメージ。甘さ控えめのすっきりした大人の味わいで、そのまま飲んでもよし、ジュースやお酒と割ってもよし。

 〇206円(税込み)

 〇問い合わせ/ハーベスKS(電話048・830・0011)

 =3月16日付埼玉新聞「さいたま市特集2017」から抜粋=

購読申し込み 携帯サイト

Sponsored