2017年2月18日(土)

女性活躍の推進企業が成果を発表 「環境整備を進めたい」/さいたま

着物姿で発表したキヌヤの女性社員=17日午後、さいたま市大宮区

 専門家のコンサルティングを受けながら、女性活躍の推進事業などを進めた県内企業10社の成果発表会が17日、さいたま市大宮区で開かれ、約120社、230人が来場した。参加企業は社内で課題を抽出した上で議論を重ね、改善策を実践するなどしてきた。「今回を契機に女性の活躍できる環境整備を進めたい」と成果を述べるとともに、今後を見据えた。県が推進するウーマノミクスプロジェクトの一環。

 成果を発表した総合住宅メーカーのポラス(越谷市)は、女性社員を対象にした「女性キャリアアップ講演会」を初めて開催。子育て中の女性社員の助言などを聞いた参加者から、キャリアアップに向けて意識を高めたいという声が聞かれたという。今後は「女性活躍の分野の拡大を目指し、女性管理職育成研修を実施していく」と力を込めた。

 清涼飲料水の販売・配送サービスのシグマベンディングサービス(さいたま市大宮区)は、結婚、出産などに沿った支援として、県内営業所で復帰後を踏まえた「妊娠時業務の創出」を展開。飲料水の配送業務から、営業所の事務作業、女性活躍の推進事業の業務を担当している。今後は「女性が女性を支えられるよう、女性メンターを拡充したい」とした。

 発表会前には、資生堂アステックの木村剛志社長(旧浦和市出身)が講演した。

 成果発表した企業は次の通り。

 ポラス(越谷市)▽シグマベンディングサービス(さいたま市大宮区)▽飯能精密工業(飯能市)▽アサヒコミュニケーションズ(鴻巣市)▽田部井建設(熊谷市)▽社会福祉法人元気村(鴻巣市)▽岩堀建設工業(川越市)▽ホシザキ北関東(さいたま市北区)▽キヌヤ(熊谷市)▽フジミック埼玉(さいたま市大宮区)

購読申し込み 携帯サイト

Sponsored