2017年1月12日(木)

寄付2億6400万円、深谷市ふるさと納税が1・6倍増 県内首位か

ヤマトフーズが提供する「大和芋とろ〜りとろろ三昧 冷凍パック詰め合わせ」(深谷市提供)
ヒューサップが提供する「厳選された樹木で創るプロデュースガーデン」(深谷市提供)

 深谷市のふるさと納税寄付金が、昨年の約1・6倍となる約2億6400万円(12月末現在)に達したことが11日までに分かった。昨年まで2年連続で県内首位だった鶴ケ島市を100万円以上上回り、県内トップに立った公算が大きい。

 被災地支援や返礼品の勉強会などが奏功したとみられ、市は「インターネット中心にメディア露出を強化し、認知度が向上したことが要因ではないか」とも分析している。

 深谷市企画財政部企画課によると、昨年4月1日から12月末までの寄付は9220件。高額納税が増加する12月の1カ月分を昨年と比べても、9250万円(1193件)から1億4300万円(3971件)へと大幅に増えた。

 税金の還付を年度内に受けるための期限となる12月31日には、1日で1600万円もの寄付が寄せられた。

 昨年と同様の還元率を設定しながら増加している要因について、市は「(本格導入)2年目で深谷市へのふるさと納税が定着してきたこと。ネットなどのPR強化やふるさと納税自販機の設置などの取り組みが、複合的に重なったためではないか」とみている。

 返礼品の魅力強化に取り組む勉強会「深谷R&Sラボ」を市内事業者が開催していることも大きい。市は「地域を盛り上げようという機運が高まり、会員制交流サイト(SNS)などを使って呼び掛けをしてくれたことも良い方に影響した」としている。

 返礼品では(1)友好都市で被災地の岩手県田野畑村を支援する「復興応援プロジェクト」の特産品(2)市内に本社を置く業者の大和芋―が人気をけん引。

 (1)は50万、100万円以上の寄付者に対し、市の通常の返礼品に加えて村の海産物などを年間を通じて贈るもの。9700万円(145件)と全体の約4割を占めた。

 (2)は市内に本社を置くヤマトフーズの「とろろの冷凍パック詰め合わせ」。納税の取り次ぎを行うホームページ運営会社のサイトでは全国野菜ランキング上位の常連で、5652万円(5652件)と全体の約2割に上った。

 深谷R&Sラボに参加中の市内造園業者が庭造りする「厳選された樹木で創るプロデュースガーデン」も新たな人気を獲得。1千万円以上の高額寄付も可能で、1750万円(8件)の寄付があった。

 返礼品の人気を各事業者がどのように本業に生かしていけるかが、地域活性化の鍵を握る。市は「実際のビジネスに今後どうつなげていけるか。どう橋渡ししていけるかが重要」と話している。

購読申し込み 携帯サイト

Sponsored