2016年10月21日(金)

<秩父署警部自殺>県警がパワハラ認定、親族に謝罪 前署長を懲戒

 今年7月、秩父署地域課長兼県警山岳救助隊長の男性警部=当時(52)=が自宅で自殺しているのが見つかった問題で、県警が上司だった前秩父署長の50代男性警視=警務部付=によるパワーハラスメントがあったと認定し、パワハラと自殺との因果関係を認めたことが20日、関係者への取材で分かった。県警は近く、前署長を戒告の懲戒処分にする。前署長は処分を受けた後に退職する見通し。

購読申し込み 携帯サイト

Sponsored