2016年4月18日(月)

<高校サッカー>狭山ケ丘、初の8強 正智も準々決勝へ/関東予選

2試合連続のPK戦を制して喜ぶ同点ゴールした松本(2)ら狭山ケ丘イレブン

 (17日、第2日・埼玉工大ほか)

 2回戦8試合が行われ、狭山ケ丘が初の8強入りし、今冬の全国選手権代表の正智深谷、前回優勝の西武台、新人大会覇者の昌平、成徳大深谷、武南、浦和東、聖望学園が準々決勝に進出した。

 狭山ケ丘は大宮南に1点先行されたが後半26分、FKのこぼれ球に松本が詰めて同点に追い付いた。2試合連続のPK戦までもつれこみ、6―5で競り勝った。

 正智深谷は前半36分、田島のゴールで埼玉栄から先制し、後半24分に須藤へのファウルでPKを獲得。鈴木が落ち着いて決めて追加点を奪った。

 西武台は9―1で東農大三を退ける大勝で、昌平は本間の2得点で熊谷に快勝した。成徳大深谷は国際学院をPK戦の末に4―3で下した。

 武南は花咲徳栄から5得点を奪って圧勝。浦和東は埼玉平成に1―0で勝ち、聖望学園は前回準優勝の市浦和に延長戦の末3―2と辛勝した。

 23日の準々決勝は西武台高校などで行われる。

購読申し込み 携帯サイト