2016年2月21日(日)

大宮、J2町田と練習試合 開幕戦見据えたメンバー出場、攻撃に収穫

町田との練習試合後に記者の質問に答える大宮の渋谷監督=20日、さいたま市内

 27日のJ1第1ステージ開幕戦でFC東京と対戦する大宮は20日、さいたま市内で、J2町田と非公開で練習試合を行い、1―1で引き分けた。

 試合後に取材対応した渋谷監督によると、大宮はFC東京戦を見据えたメンバーが出場。先制を許したが、その後追い付いたという。失点は「われわれのスローインの流れから」。同点ゴールは「サイドチェンジをし、大きな展開からのゴール」だったそうだ。

 逆転はできなかったが、「攻守の切り替えは高いレベルでやっていた」と渋谷監督。攻撃は「裏へランニングする場面が多かった」と収穫があったようだ。

 ただ、13日のプレシーズンマッチの山形戦は試合終了間際に失点し、この日はマイボールからの失点。「変な習慣をつけないようにゼロで終えるように突き詰めたい」と修正点も出た。

 21日は関東大学選抜Aと非公開で開幕前最後の練習試合を行う予定。「失点に偶然はない。細かなディテールを突き詰め、一つ一つのプレーの精度を高めていってもらい」と話す。開幕戦の「メンバーをつかむために臨んでほしい」と選手に奮起を促した。

購読申し込み 携帯サイト