2016年1月18日(月)

浦和、恒例のレッズフェスタでファンと交流 タイトルへ決意誓う

トークショーでファンを楽しませる柏木(左)、レディースの猶本(中央)ら浦和の選手たち=17日午後、浦和駒場スタジアム

 浦和は17日、浦和駒場スタジアムで毎年恒例のファン感謝イベント「レッズフェスタ」を行い、トップチームとレディースの選手たちが11076人のサポーターと触れ合いながら今季も一緒に戦う決意を誓い合った。

 セレモニーではまず淵田敬三代表が年間3位に終わった昨季を反省し、「全ての面で昨年を上回る強い気持ちで戦いたい」とあいさつ。5季目のミシャ監督は「昨季手にできなかったものを手にして皆で大きな喜びを分かち合いたい」とタイトルを意識した。レディースの吉田監督は昨季6位を振り返り「ことしは何としても喜んでいただける結果を残したい」と2年ぶりのリーグ制覇へ気持ちを高めた。

 新加入選手も紹介され、イリッチは「皆さんの前でプレーできて光栄。一生懸命頑張る」。駒井は「一日でも早くチームの力になり、埼スタでプレーできるように頑張りたい」と意気込んだ。この日から合流のU―18(18歳以下)日本代表MF伊藤(作陽高)は「プロの難しい中でスタメン争いして1年目から優勝に貢献したい」と語った。

 イベントでは選手参加のミニゲーム、サイン会を開催。グループごとのトークショーのほか、選手がファンの力を借りてスタンドに隠れる「かくれんぼ」などのレクリエーションで交流した。

 最後に選手を代表して柏木が「みんなレッズが大好き。クラブ、選手、監督、スタッフを信じ、僕らもサポーターを信じ、楽しく魅力あるサッカーをして皆さんといい1年を過ごしたい」とサポートを呼び掛けた。

 トップチームは18日から沖縄で1次合宿を実施。レディースは同日、レッズランドで始動する。

購読申し込み 携帯サイト