2016年1月5日(火)

鷲宮神社で縁結び らき☆すた以外の魅力、久喜市商工会青年部が発信

縁結びグッズを参拝客に紹介するスタッフ

 全国から大勢の参拝客が訪れる久喜市の鷲宮神社の初売りで、今年から縁結びグッズの販売が始まった。

 交通安全や武運のご利益があるとされる鷲宮神社だが、祭られている大己貴命(おほなむちのみこと)は縁結びで有名な出雲大社の大国主命の別名であることから、久喜市商工会青年部鷲宮支部が「縁」に引っ掛けてさまざまなアイテムを企画した。

 商品は「たくさんの円が重なっている」バームクーヘンや、「良い縁は食事から」という願いを込めた「縁むすび米」、安納芋あんと生クリームをコラボさせたシュークリームなどいろいろ。

 シュークリームの芋あんに「オタクたち」が農業体験で育てた安納芋を使用するなど、地元にこだわっているほか、価格も1995円や495円に設定して、五円(ご縁)がお釣りになるようにしている。商品名も「ばうむくぅ縁」「ご縁がありまシュー」など遊び心たっぷりだ。

 久喜市商工会青年部鷲宮支部の吹越亮さん(32)は「らき☆すたの聖地として有名な鷲宮ですが、それ以外の角度からも魅力を発信していきたい」と意気込む。縁結び商品は今後も、商品を増やしたり、地元店舗での常時販売を目指していく予定だ。

購読申し込み 携帯サイト