2015年9月11日(金)

<台風18号>記録的大雨…帯状積乱雲がもたらす 台風に挟まれ停滞

 県東部など関東地方に記録的な大雨をもたらしたのは、二つの台風に挟まれて発生した帯状の活発な積乱雲だ。それが風の向きや強さなど、さまざまな条件が重なって長時間停滞したことで、被害を拡大させた。

 熊谷地方気象台によると、台風18号の北上に伴う南からの暖かく湿った空気と、日本の東海上にある台風17号から吹く東風がぶつかり、関東地方の南北に細長い積乱雲が発達。雨雲は西から東に向かって移動していたが、二つの勢力が拮抗(きっこう)する線上でとどまり、雨を降らせ続けた。

 同気象台は「台風などの低気圧の間で局地的な豪雨になることはあるが、これだけ長時間、広範囲にわたる大雨は珍しい」としている。

購読申し込み 携帯サイト