2015年5月1日(金)

県議会 自民会派は53人、せんたくは県民会議に

 県議会は4月30日、改選後の県議が所属する会派(定数93)の届け出を締め切った。推薦を含めてようやく過半数の47議席を確保した自民は、無所属の新人と現職計6人が加入。全8常任委員会で過半数を占める絶対安定多数の53人となり、第1会派を形成する。

 民主・無所属は第2会派を維持。新人や現職の一部が別会派に移ったが改選前より1人増え13人。

 上田清司知事に近い無所属議員で構成していた刷新の会は解消し、県民会議を発足。旧刷新3人に加え、県議選で「プロジェクトせんたく」の推薦を受けた無所属の現職と新人ら計7人が加入、10人で活動する。

 公明は9人、共産は5人。民主だった現職と無所属の新人が3人で改革の会をつくった。

購読申し込み 携帯サイト