県北・福島市

KNHOKU・FUKUSHIMASHI

歴史あるいで湯の街

 県庁所在地である福島市は、行政機関のみならず、歴史あるいで湯が点在し、さらにモモやブドウなど果物の名産地でもある。吾妻連峰や安達太良山、阿武隈山地に囲まれた県北エリアは、大地の恵みがたっぷり。旬のフルーツや名物の逸品を味わいながら、名湯めぐりが楽しめる。

飯坂温泉

福島市

湯の町で美味しい酒と食事に舌鼓

鶴ヶ城

 松尾芭蕉など文人も訪れた温泉郷。湯温は高め、湯冷めしにくく肌がツルツルになるといわれている。風情ある町並みに佇む共同浴場は、町に9つある。

 一晩で飲食店5軒をめぐり料理やお酒などを楽しむことができる人気の「ほろ酔いウォーク」は、今年は7月6・7日に開催される。町中の足湯でひと休みしながら、逸品を楽しみたい。

  • 東北自動車道福島飯坂ICから車で約10分
  • 飯坂温泉観光協会 024-542-4241

穴原温泉 山房 月之瀬 渓苑 花の瀬

福島市

四季を肌で感じられる贅沢な空間

 片倉山と摺上川など大自然に囲まれた奥飯坂に位置する穴原温泉「山房 月之瀬」は、四季折々の風景を感じられる贅沢な温泉宿。自慢の露天風呂のほか、大浴場、ジェットバス、打たせ湯、泡風呂、サウナなど各種の風呂を完備。旬の新鮮食材を使った料理は品数も多く、どれも心がこもったやさしい味わいだ。

 5階から10階まで全客室が摺上川に面し、10階のロイヤルルームと5〜9階のファーストルームは、小グループで利用できる掘りごたつ式の専用カラオケルームを用意。福島の大自然を感じながら、リフレッシュ&癒しを満喫できる。

  • 東北自動車道福島飯坂ICから車で約10分
  • 山房 月之瀬 024-542-1000/渓苑 花の瀬 024-542-0800
土曜・日曜も平日と同料金。さらに埼玉新聞読者には宿泊料20%OFF!詳しい情報は下記リンクから

福島県浄土平レストハウス

福島市

雄大な景色を一望

 磐梯吾妻スカイラインの中間地点、福島県で1番空に近い標高1,600mにある福島県浄土平レストハウスは、雄大な景色を眺め、福島の食を味わえる場所である。

 1階は福島自慢の産品を取り揃えたショップ「アヴィスの森」とオリジナルご当地グルメが揃うフードコーナー「ノーバ」、2階は雄大な景色を眺めながら福島の旬が味わえるレストラン「サペレ吾妻」がある。

 人気メニューはソースカツ丼や郷土色あふれる「福のしま。ご膳」。「吾妻小富士カレー」は、付け合わせのリンゴを吾妻のゆきうさぎに見たてている。

 「ノーバ」では、もも蜜やリンゴ蜜をトッピングした桃ソフトクルーム、りんごソフトのほか、プレミアムソフトにトマトソースをトッピングしたプレミアムトマトは大人の女性に大人気だ。

  • 東北道福島西ICから車で約60分
  • 0242-64-2100

福島県観光物産協会

福島市

お土産探しに便利

 JR福島駅西口の複合施設「コラッセふくしま」。1階にある物産館には、県内全域の名産品、特産品を販売するほか、新しく開設された飲食のコーナー「ふくしまラウンジ」では、9時半から福島の地酒の飲み比べや、こだわりのソフトクリーム、桃のスムージーなどが味わえる。また「全国新酒鑑評会」で6年連続金賞受賞数日本一になった「酒処ふくしま」のコーナーもさらにグレードアップ。販売アイテムも大幅に増え、県内最大の福島県地酒売り場となっている。

  • JR福島駅西口徒歩3分
  • 9:30〜19:00(年中無休)
  • 024-525-4031

旅館 小滝温泉

福島市

 山峡のいで湯・小滝温泉は、土湯温泉郷の奥の山々に囲まれた静かな宿。露天風呂には滝の音が響き渡り、屋上にある貸切専用の展望露天風呂は、山間のさわやかさと絶景を堪能できる。

 弐番館(新館)には客室10室すべてに信楽焼の露天風呂がある。宿の前、川面を眺めながら温まる足湯も心地よい。名物「深山岩魚料理」は、幻の魚といわれる岩魚を味わえる逸品。そのほか、山菜やきのこ、和牛、猪、地鶏など、山の幸を使った料理もこの宿の魅力だ。

  • 東北道福島西ICから車で約15分
  • 024-595-2020
小滝温泉の詳しい情報

PAGE TOP