トヨタカローラ埼玉株式会社

女性社員チーム「Cハピネス」で活躍

女性社員チームでサービス展開

Cハピネスリーダーの小野亜紀さん(右)と初代リーダーの猪村安奈さん(左)

2008年に結成、精力的に活動を続ける女性社員チーム「Cハピネス」。現在の構成員は8人。メンバーをまとめるリーダーは業務グループの小野亜紀さん。2014年10月、発足当時からリーダーを務めた総務部主任の猪村安奈さんからバトンを受け継いだ。

Cハピネスは女性ならではの目線でサービスを展開し、女性顧客の獲得を目標とする。同時に男性社会の観点が強いディーラーの世界で、女性社員の活躍も目指している。

多岐にわたる活動、新規顧客も獲得

Cハピネスのメンバー

Cハピネスが行った取組の一つに女性顧客をレストランや結婚式場に招いたパーティー開催がある。クイズや食事がメインで、車の営業は行わない。パーティーに参加して新車購入のきっかけになった新規顧客もいるという。

毎週木曜日は「ハピもくの日」としてオリジナルティッシュBOXのプレゼントや、ポイントカード・クーポン券の発行などを企画。オリジナルブログの更新や手作りの塗り絵の配布、マナー集、メンテナンスガイドブックの作成など、Cハピネスの活動は多岐にわたる。

働きやすく活躍できる職場づくりへ

「月1回開催するミーティングの結果は社内の活動にも反映されています。チーム結成以来、女性ならではの企画立案や情報発信の場が増えました。お客様やお店の役に立てるという実感が意欲向上にも繋がっています」と猪村さん。活動は顧客満足度を高めるだけでなく、社員の満足度向上にも大きく貢献している。

小野さんはメンバーを代表し2014年10月から本部の会議にも出席している。「女性社員が参加するのは初めて。自分の役割を全うしたい」と力を込める。

同社は両立支援制度の充実も図り、2014年4月に1時間単位で取得できる有給休暇制度を導入した。また、2015年1月には県の「多様な働き方実践企業」のシルバー認定も受けている。今後は更に取組を広げ、女性が働きやすく活躍できる職場づくりを目指していく。

会社概要

会社名 トヨタカローラ埼玉株式会社
所在地 上尾市日の出3−2−28
電話 048−771−5955
創業 1962(昭和37)年
資本金 5000万円
代表者 茂木喜明
事業内容 新車・中古車販売、カーメンテナンス
従業員数 757人(男性669人・女性88人)