埼玉日産自動車株式会社

女性のきめ細やかさを活かす

丁寧な接客が支持され模範に

ピットの整備士に確認中の堤知花子さん

お客様が来店すると「いらっしゃいませ!」と明るく声を掛ける埼玉日産自動車岩槻店の堤知花子さん。車検、定期点検、修理などの受付や見積り、お客さまへの声かけや飲み物の提供、納車予定日の電話連絡など多岐にわたるフロント業務をこなす。

サービスフロント職に就いて5年目。「お客様との関係は1回では築けません。分かりやすく心のこもった接客を心掛けています。お客様が自分の名前を覚えていてくれると嬉しくなりますね」と笑顔で話す。堤さんは2015年全国日産サービス技術大会女性TA部門で優勝。丁寧な接客が支持され、社内スタッフの手本となっている。

女性顧客向けサービスを充実

店舗でお客様をお迎え

埼玉日産では毎年、サービスフロント職の女性を採用、ほとんどが車とは関係がない4年制大学や短期大学出身だ。人事担当の門野久美子さんは「車の専門知識がなくても、しっかりした社内教育で、向上心を持って仕事ができる。お客様にも相談しやすい雰囲気やきめ細かい心配りが喜ばれる」と強調する。

店舗ごとに行う独自サービスも充実、岩槻店では女性限定のハンドマッサージや手相占いを取り入れている。日産本社はキッズルームを備えた認定店舗「レディー・ファーストショップ」の全国展開も行うなど、軽自動車の需要が多い女性顧客向けサービスに力を入れている。

女性社員の定着促進へ

埼玉日産自動車は女性社員の定着促進のためにアンケートで社員の声をヒアリングし、育児短時間勤務制度を見直した。子どもの年齢が満3歳まで取得可能だった制度を、昨年度から小学校就学前まで取得を可能にした。さらに2015年4月より、小学校3年生まで延長した。

女性管理職の在籍や育児休暇取得の女性復職率が86%という実績もあり、県の「多様な働き方認定企業」のゴールドを取得しているほか、仕事と家庭の両立支援を進めている企業として、県内ディーラー初となる厚生労働省の「くるみん認定」を受け、更に継続認定を目標にしている。

会社概要

会社名 埼玉日産自動車株式会社
所在地 さいたま市中央区上落合9−3−6(本社)
電話 048−859−5523
創業 1943(昭和18)年
資本金 1億円
代表者 森弘昭
事業内容 自動車販売・整備、修理・加工・生損保代理店業務他
従業員数 1050人(男性910人・女性140人)