株式会社大谷組

繋がり広がる活躍の場

活動を通し、横のつながり

公私で何役もこなす多忙な中野万紀子さん

深谷市寿町の総合建設業「大谷組」の設計部長、中野万紀子さんは、一般社団法人埼玉建築士会の常務理事、女性委員長も務める。

埼玉建築士会は県内14支部、会員数1700人のうち女性会員は約90人。中野さんの所属する大里支部は会員150人中、女性はわずか8人。「少しずつ増えているとはいえ、女性会員ゼロの支部もあります」と中野さん。

「入会は任意で必ず所属しなければならない訳ではないが、講習会や見学会などの活動を通して横のつながりを持つことは大事だと思います」と強調する。「女性は結婚や出産で退職し、建築士会も退会してしまう人が多い。情報が入ってこないと復職のきっかけも減ってしまうので、若い女性会員には、『会をなるべく続けてね』と伝えている」と話す。

建築士会所属で復職への機会も

大谷幸子社長(写真左)と打ち合わせする中野万紀子さん=深谷市寿町の大谷組本社

産休後の復帰は本人のやる気次第だが、同会が開く講習会や勉強会に参加して復職のきっかけをつかむケースもある。中野さんは「小さな子どもがいると電話に出ることも大変。なるべくメールなどで連絡や案内をしている。仕事は中断しても、イベントに参加してつながっているだけでも違うと思う」と話す。

地域と人の縁を大事に

中野さんが勤務する大谷組は、創業171年の老舗。社員15人のうち女性は4人。官公庁の建築、土木、民間の個人住宅も手掛ける。最近は個人の住宅リフォームの仕事も多い。介護のための手すり付けなどで、奥さま達との打ち合わせも多い。「女性同志だと雑談も」と笑うが、その中で聞ける本音もある。

「若い頃は自分の知らない事を分かりませんと言えなかった。でも言った方が楽だと気付いて一気に視界が開けた。長年仕事を続け、地域や人とのご縁が大事だとつくづく感じている」
頼まれて演劇のイベントを手伝ったり、仕事以外のお付き合いも広がる。「ご縁があっていろいろ面白い話をいただく。お仕事もちゃんとしていますよ」と笑った。

会社概要

会社名 株式会社大谷組
所在地 深谷市寿町247
電話 048−574−5505
創業 1844年
資本金 5000万円
代表者 大谷幸子
事業内容 総合建設業、一級建築士事務所、不動産業
従業員数 15人(男性11人・女性4人)