株式会社光苑

前向きに女性の特性活かし起業

ねらい絞って商品開発

女性にとって起業の壁は決して高くないと語る相川幸子さん

日本唐揚協会が主催する「からあげグランプリ」塩ダレ部門で第2回から受賞し、2015年度最高金賞を受賞した春日部市の「からあげ光苑」。株式会社光苑の社長を務める相川幸子さんが展開する事業の中核店舗だ。審査は協会認定カラアゲニストが来店などをし、実際に食べた味などを5つ星で評価し、一般からの票とあわせて、受賞が決まる。

塩だれの「海鮮唐揚げ」は、2007年に開店した「中華料理光苑」のメニューがきっかけだった。高年齢層にターゲットを絞り、塩海鮮味のさっぱりした中華料理を食べてもらおうと考えた。「子どもが大好きな唐揚げも、年配者向けに柔らかくさっぱりした海鮮風味にすれば、孫と来店するお客様も増えるのでは」と開発した。

ブランド化で出店販売、事業を拡大

からあげ光苑のカウンターで笑顔を見せる相川幸子さん

経営アドバイザーや人材派遣、セミナー・イベント企画なども手掛けている相川さん。閉店後と休日に新商品開発の試行錯誤を繰り返した。魚介のうまみを凝縮したたれに鶏肉をじっくり漬け込んで味を染み込ませ、鶏肉の甘味と魚介の塩味が決め手の海鮮唐揚げを完成させた。

現在、「からあげ光苑」を駅東口にオープンし、コンビニ店やスーパーの監修商品として「光苑」ブランドの海鮮唐揚げを販売している。デパートやショッピングセンターでも出店販売し、事業を拡大させている。

常識に捉われず、発想と行動力で

千葉県で生まれ育ち、結婚して以来、春日部市を生活と仕事の拠点として、様々な事業を手掛けて来た。女性であることで苦労したり、だまされたこともあったという。青年会議所に入り、活動を通して経営者として必要な素養、知識を学び、修練を積んだ。「相談できる先輩や若い経営者の仲間も出来て、現在につながっている」と話す。

「女性には常識に捉われない発想力があり、家計をやりくりする能力がある。起業には向いていると思う」と強調する。「起業するための壁は思うほど高くはない。相談するところはたくさんある。志ある人はまずは相談して」と、女性の社会進出を歓迎する。

会社概要

会社名 株式会社光苑
所在地 春日部市粕壁東2ー1ー34 レックプラザビル1F
電話 048−812−4104
創業 2010年
資本金
代表者 相川幸子
事業内容 飲食業、イベント業、コンサルタント業ほか
従業員数 12人(男性2人・女性10人)