京葉流通倉庫株式会社

仕事にやりがい、意識高く

憧れの職業に迷わず応募

「4トン、大型とステップアップしたい」と笑顔で話す古郡麻李奈さん

午前6時、荷さばき場でトラックに次々とタイヤを積み込む古郡麻李奈さんは、戸田市の京葉流通倉庫で働く2トントラックドライバー。特定のルートや荷種はなく、2トン車に載るものなら何でも運ぶ。荷物の大半は手積み、手降ろしが基本。1袋25キロの荷物100個をひとりで作業したこともある。仕事が終わるのは午後5時ごろで、1日200キロ走行する日もある。

小学生時代からバレーボールに打ち込んできた古郡さん。将来を嘱望されていたが体を壊して断念。進路に悩んでいた時に、高校で同社の求人票を見たのが入社のきっかけだった。「幼いころ、父親の職場で見た女性のトラックドライバーに憧れた気持ちがよみがえって、迷わず応募しました」と話す。

特性活かし、念願のドライバーに

2トントラックに荷物を積み込む古郡麻李奈さん

入社後は倉庫業務で1年間の研修を積み、念願のドライバーになって2年目となる。

古郡さんが所属する輸送統括グループのチームリーダー、古川良道さんは「素直で前向き、根性もある。社内外問わず、笑顔で細かいところにも気を配るコミュニケーション力は女性ならでは」と評価する。古郡さんは「納品するだけでなく、自分自身を覚えてもらい、お客様と交流するのも楽しい」とやりがいを語る。ドライバーは「会社の顔」という意識を持って、髪や爪、制服の着こなしなど、相手に与える第一印象にも注意している。

社内託児所開設、子育ても支援

トラックの運転経験がなかった古郡さんは、普通免許で乗れる2トン車からスタート。ステップアップしたいと自発的に教習所に通い、中型免許も取得した。「将来は4トン車を経て、大型車にもチャレンジしたい」と抱負を語る。

同社は2007年に社内託児所を開設し、子育て支援にも積極的だ。男女差別なく優秀な人材を登用、所長など管理職についた女性社員もいる。女性ドライバーの託児所利用や産休取得事例はまだないが、申請があれば柔軟に対応していく方針だ。


会社概要

会社名 京葉流通倉庫株式会社
所在地 戸田市川岸3−9−4
電話 048−445−3201
創業 1966年
資本金 9000万円
代表者 箱守和之
事業内容 物流システム開発・販売、倉庫業、運送業など
従業員数 168人(男性152人・女性16人)