株式会社関東カイリック

夢かなえ、長距離運転手に

努力し子育てと仕事両立

「13トンウィングトラックは相棒」と笑う岡田由里江さん

車高3.8メートル、全長12メートル、大型13トンウィングトラックの貨物室の側面が天井部分まで開く。1袋1トンの荷物をフォークリフトで手際よく積みこむのは、東松山市の倉庫運送業、関東カイリックの岡田由里江さん。入社10年目、同社で紅一点の長距離ドライバーだ。主にプラスチックの原料などを岐阜や名古屋へ輸送し、月に約1万qを走行する。

「幼い頃から大型車に乗りたかった」という岡田さん。16年前に小中型車を扱う運送会社へ入社し、2トン、4トントラックで経験を積んだ。家事や育児と両立させるため、睡眠時間も削って頑張る姿に、仕事に反対していた家族も次第に応援してくれるようになったという。子育てが一段落したのを機に大型免許を取得し、同社に転職した。「やっとかなえた夢。ずっと走り続けたい」と笑顔で話す。

仕事にやりがいと達成感

フォークリフトを使って1袋1トンの荷物を積み込む岡田さん

女性として注意を払っているのは出発して戻るまでの安心・安全な運行。車内の寝台で仮眠や休憩をとったり、特に夜間などはコンビニやパーキングエリアなど、人の目が届く明るい場所を利用するよう心がけているという。

仕事では天候や道路の状況をチェックし、最善のルートで行けるよう運行計画を立てる。「期日を守って無事、荷物を届けたときの達成感や感謝の言葉がうれしいとやりがいを語る。長距離ならではの移ろいゆく景色の美しさも大きな魅力だという。

女性の活躍に期待と評価

同社取締役の田村純さんは岡田さんについて「スキルもやる気も高い」と評価し、「大型車は女性向き」と話す。「大きく重い荷物ほどフォークリフトを使用するので腕力はそれほど必要ではない。幹線道路の走行は運転もしやすい。取引先と笑顔で対応するなど、コミュニケーション能力も求められる」と女性の活躍に期待する。

同社はルートや積載量など女性の体力面での配慮をしている。田村さんは「女性ドライバーが増え、産休などの申し出があれば対応していく」と女性の雇用に前向きだ。

会社概要

会社名 株式会社関東カイリック
所在地 東松山市大谷223−21
電話 048−39−4500
創業 1989年
資本金 1000万円
代表者 田村都志雄
事業内容 トラック運送および倉庫業
従業員数 26人(男性24人・女性2人)