株式会社富士通マーケティング

復職前支援で仕事に復帰

復帰に不安、面談で前向きに

育児と仕事を両立し、キャリアアップを目指す加藤太佳子さん

育休制度を2度取得して職場復帰した富士通マーケティングの加藤太佳子さん。現在、短時間勤務制度を利用しながら家庭と仕事の両立に気を張る毎日だという。

二級建築士の資格を持つ加藤さんは入社当初、技術的な支援を行う部署で設計や図面を書いていた。その後、営業職を経て、3年前、第2子の育休明けに職種転換により事業管理統括部へ異動、総務や経理の仕事をしている。

「約2年間休んでいたので職場復帰に不安があった。保育園の送迎や子どもの体調面の心配など、上司や人事が細かいことまで相談に乗ってくれ、前向きな気持ちになれた」と振り返る。同社には復職前面談制度があり、勤務地や仕事内容など復帰後の方向性を一緒に考えてもらったという。

先輩への相談、先が見える安心感

事業管理統括部で打ち合わせをする加藤さんら

復帰後、限られた時間の中で効率よく仕事をこなす方法を見つけていった。だが、子どもが体調を崩し、急な休みとなってしまう時もある。「何度も職場の人に申し訳ない気持ちでいっぱいになった」と話す加藤さん。

第1子の育休後の職場に、同じ時期に育休復帰した先輩がいた。「いろいろ相談に乗ってもらった。大変な時期を乗り越えれば落ちつくんだと、先が見える気がした」と話す。悩むと気持ちが暗くなり、何事もスムーズに進まない。自分なりの考えを持ち、頼りとする夫や上司に相談してその都度、解決していったという。

管理職向けセミナーで理解促進へ

現在、同社の育休取得者は約20人、短時間勤務利用者は約40人。これまでほぼ全員が復帰し、働き続けている。富士通主催の育休の理解促進を図るセミナーに同社の管理職も参加している。

同社東日本ブロック事業管理統括部長の上杉勝幸さんは「せっかく育てた社員が出産などを理由に辞めてしまうのは惜しい。加藤さんには違う分野でもキャリアを積んで、将来は管理職まで目指してほしい」と期待する。「私もいつか後輩にアドバイスができたら」と、加藤さんは凛とした表情で語った。

会社概要

会社名 株式会社富士通マーケティング
所在地 さいたま市大宮区桜木町1−11−20 大宮JPビルディング(関東・信越営業本部関越支社)
電話 048−641−1747
創業 1947年
資本金 122億2000万円
代表者 元木泰光
事業内容 ICTの提案から導入、運用までの一貫したサービスを提供
従業員数 86人(男性78人・女性8人、大宮勤務者)