株式会社大和不動産

経験と女性目線を活かす

仕事の知識を役立てる

不動産コンサル部の高橋綾子さん(右)と古丸志保さん(左)

比較的早い時期から「相続」に向き合って無料相談会やセミナーを行ってきたさいたま市の大和不動産。同社相続コンサル課の高橋綾子さんはその講師も務めている。

「ご主人が亡くなって相続が発生し、残された高齢の奥様が相談にくることも多い。日々の暮らしや銀行の手続き、資産をどうしたらよいかなど、女性同士の方が話しやすいようだと感じる」と話す高橋さん。相談に来られた方に不動産などの持ち方、処分をアドバイスし、資産管理や売買の手続きをお手伝いしている。

経験きっかけに不動産業界へ

打合せをする古丸さん(左)と高橋さん(右)

高橋さんが不動産業界で働こうと考えたのは、自身の体験がきっかけだった。「祖母が亡くなった時、母は既に他界していたので自分が相続することになった。当時、司法書士事務所で働いていて多少の知識はあったが、相続の手続きには不動産についてもっと知らなければと痛感した」と、振り返る。

同社の女性従業員53人中、営業職は高橋さんら16人。小山陽一郎社長は「不動産業の仕事は女性に向いている部分も多い」と語る。「住まいに関することは、家にいる時間が長い女性の方が決定権をもっている。同じ女性目線でアドバイス出来るのが強み」と話す。

資格取得しスキルアップ

不動産コンサル部の古丸志保さんは入社7年目。管理・経理部門に5年勤務し、現在の部署に異動になった。「不動産の知識や相続に関して、まだまだ勉強中」と話す。

月1回開催される相続の無料相談会も「最近は質問を聞きながら、どう話を進めていったら良いかが見えるようになった」という。 

整理収納アドバイザーの資格も取得し、セミナーで講師も務める。「気軽に参加してもらい、お客様から話しかけてもらえるきっかけになれば」と話す。「高橋さんや同僚とは専門知識量が違うが、急かされず自分のペースでやらせてもらっている。どれだけ近づけるかが今の目標」とほほ笑んだ。

会社概要

会社名 株式会社大和不動産
所在地 さいたま市浦和区高砂1−2−1エイペックスタワー浦和 中央館202
電話 048−833−7868
創業 1952年
資本金 1000万円
代表者 小山陽一郎
事業内容 賃貸アパート、マンションの仲介、管理、新築、土地等の不動産売買など
従業員数 110人(男性57人・女性53人)